ページ読込中...

次世代技術の芽と新しい物理をつくる

早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 物理学科・応用物理学科

物理と応用物理

物理学科

物理学科

物理学は自然現象を理論と実験の両面から研究し、現象の本質を見通すとともに普遍的な法則を探ろうとする学問です。本学科は、ミクロからマクロに至るあらゆる階層の自然現象を理解するために不可欠な物理法則に関する研究・教育を行っています。研究分野〔素粒子・原子核物理・宇宙物理学・物性物理学・生物物理学〕はいずれも現代科学技術の基礎となるものばかりです。

応用物理学科

応用物理学科

次の時代の人間や社会活動に貢献できる新しいテクノロジーやシステムの基本となる原理や技術を、物理学の成果と研究手法を用いて創造できる人材の育成を目指しています。現代のキーテクノロジーの基礎となっている計測・情報工学、光工学、物性物理学、新しい複雑系の物理学や応用数学についての多くの科目を幅広く学べます。充実した工学系科目が応用物理学科の特徴であり、企業等で不可欠の実践的な研究開発能力を養います。


卒業研究では、物理学科・応用物学科両方の分野から研究室を選択することができます。大学院では、物理学科・応用物理学科共通の物理学及応用物理学専攻に進学でき、さらに幅広い研究分野を選択できます。また、毎年、企業から数多くの求人があり、卒業生は様々な分野で活躍しています。

物理学及応用物理学専攻(大学院)

物理学及応用物理学専攻では,現代物理学の重要な課題とその工学的応用の研究を行っています。研究分野は,数理物理学,素粒子物理学,原子核物理学,宇宙線物理学,宇宙物理学,原子核工学,物性物理学,高分子物理学,生物物理学,応用結晶学,光学,計測・制御・情報工学など多岐に亘っているほか,学際的研究も行っています。

このページのトップへ